墓相とは

墓相とは

墓相ってなに?!

墓相というのを聞いたことがありますか?

人相、手相、家相などと同じでお墓にも墓相というものがあるそうです。お墓を建てる際に、方角、形、墓石の色などいろいろな要素から家族や身内の不幸を避けようというものなのだそうです。

墓相学とは、江戸時代の後期に出版された本がもととなって受け継がれてきているもので「子孫へのわざわいを除いて幸福を招く」というところから発展しているようです。しかし、宗教的な考え方には添っていないことから、仏教の教えとは正反対のこともあったりするようです。

例えば墓相学の「先祖のたたりからいかにして家族や子孫の財・健康を守るか」という考えは仏教の「仏さまと先祖を祀るためのお墓」という考えを逸脱していることからも解るように、仏教を抜きにして語られています。それでもお墓を建てる際にこの墓相を取り入れる人の多くは、先祖や亡くなった身内が安らかな眠りにつけるようにとか、良い運気を取り入れるために、と願っての気持ちから頼る人も少なくはないようです。

墓相の書物もいろいろあるようで、解釈がそれぞれ異なる部分もあるようですが、一般的に墓相で言われている避けるべきことはこんな内容です。

◆赤石系の墓石:家庭不和・火災・身体虚弱 
◆青石系の墓石:災害全般・病 
◆黒御影石の墓石:災難・災害・犯罪者 
◆自然石の墓石:子孫が断絶 
◆猫足型の墓石:浪費・家庭不振 
◆特徴ある形の墓石:子孫断絶・幼児期に死亡 

どんなお墓にしたら良いのでしょうか。これらの不幸を回避する秘策があるのかもしれませんが。方角では東南向きが吉とされているようです。次から次へとお墓を建てる家は余裕があることから家運隆盛、家中健康とされるようです。

それ以外の方角では、北西向きは変死、火難、病難、長男家出、死亡 西南向きは、ケガ、自殺、変死、後家、精神病、女人天下など 北東向きは、変死、自殺、ケガ、相続人家出、急死、夫婦別居、または養子相続など。

その他、木の下にお墓を建てると病人が絶えず出て、実のなる木はさらに病弱者が出る、また高圧線や電線の下も変事がおこりやすいなどあるようです。

ただし、お墓全体が木の下である場合はこの限りではないそうです。小石を敷き詰めると異性の問題が出る、欠けた石碑はケガ人や病弱者、手術などを呼ぶ、他人の墓地を踏まないとお参りできないようなお墓は商売の発展がない、改宗すると家庭内騒動が起こる、などなど、聞けば気になる内容も結構あるので興味がわく人が多いのもうなずけてしまいますね。

ただし、人の弱みにつけこんでいたずらなことをしかける悪徳者もいるようですので注意は必要ですね。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar