開眼供養

お墓に魂を入れて完成させる、開眼供養の意味と法要

新しいお墓が完成しても、そのままではただの石造物でしかありません。そこに儀式を行って“お墓”としての魂を入れるのです。この儀式を“入魂式”や“魂入れ”もしくは“開眼供養(かいげんくよう)”といいます。

仏像を造る際、ほとんどの部分を完成させておいて最後に眼を描き込んで仕上げ、そこで初めて仏像として出来上がるということから、のちに儀式化して開眼供養と呼ばれるようになったそうです。

お墓が完成する日がわかった時点で、その時期の忌日、つまり一周忌や三回忌などの年忌法要の日やお彼岸、お盆などの仏事の日に合わせて開眼供養を行うことになるので法要の準備をしなくてはなりません。菩提寺の場合は僧侶に日程の相談をしますし、霊園の場合は管理事務所に僧侶の手配をしてもらいます。

開眼供養に招く人を選びお知らせのハガキか電話で連絡をしておきます。法要後のお斎(食事)の手配も必要です。それから石材店にも法要の日を伝え、それまでに墓石に、故人の戒名、俗名、没年月日、没年齢などを刻んでもらっておきます。

僧侶へのお布施や必要な場合にはお車代も準備しておきます。また、お世話になる石材店や管理事務所の方へも“志”という表書きで3000〜5000円ほどお礼を包むと良いようです。

さて、当日は法要の前にお墓の周囲をきれいに掃除しておきます。お墓の前に小さな台を用意し、白い布をかけ、線香、ロウソク、酒、水、花、お供え物としてお菓子やくだもの、野菜などを用意して飾ります。全員が集まったら僧侶に読経をしてもらい、その後参列者で墓石に水をかけ、焼香をして終わります。

お斎(食事)の手配をしている場合はそちらに向かいます。簡単な法要ですが、招かれた側としての作法もお話ししておきますね。開眼供養に招かれた場合はお供え物かお祝いを贈ります。故人が亡くなって間もない場合の法要でしたら表書きは“御仏前”、建立者が生前のときや十三回忌以降であれば紅白の水引で“建碑御祝”または“御供養料”とします。

新しくお墓を建てたのですからお祝いごとということで紅白の水引でいいのでしょうが、なんだか少し違和感すら感じてしまいますね。さて服装ですが、墓地に行くので喪服かなと考えてしまいがちですが、忌中や喪中でなければ必要なく、男性はダークスーツ程度、女性は華美にならない程度のスーツやワンピースでいいと思います。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール