お墓の付属品

お墓の付属品

墓石と外柵以外の付属品あれこれ

お墓にある付属品は必要なものでしょうか。どんなものがあるのか具体的に触れてみたいと思います。

お墓にはまず墓石と外柵が必要で、それらが揃っていればまずは体裁は整えられますが他には、花立て、水鉢、香炉、卒塔婆立て、墓誌、灯籠、手水鉢(ちょうずばち)、物置台などがあります。

花立ては、供える花を立てて入れる器のことで、水鉢を挟むように左右対称に置かれるものです。水鉢と一体化されているものもあるし、独立して墓石から取り外せるものもあります。やはりお花を活けておくものですからね、どちらもプラスチックやステンレス製などなので耐久性良く作られています。

次にお墓の中央に配置される水鉢は、仏さまののどの渇きを癒すためのものです。台石に彫るタイプのものと別づくりするものとがありますが、一番目立つところに置かれるため家紋を刻んだりします。

香炉はお線香をお供えするものですが、立てるタイプの“立置型”と横に寝かせるタイプの“くりぬき型”があります。くりぬき型は雨が降ってもかからないようにできるので最後までお線香を燃やしきることができます。

卒塔婆立ては、宗派によっては必要ないものですが、立てる場合には必要かもしれません。墓誌は、故人の戒名、俗名、行年、没年月日などを刻むものです。墓石とセットになっていたりするので最近はよく目にするようになりました。

代々続く大きなお墓などの場合は、墓石に書ききれなくなってくるのが理由で墓誌を設置することもあります。形もいろいろあり、長方形のもののほかに、上部や角を丸く仕上げることもできますし、円筒状のものもあったりします。

灯籠にはいろいろなタイプがありますが、仏教の場合にはお墓に向くのは墓前灯籠だけで、丸型と角型があります。普通は一対で置きますが、ひとつの場合は右側に置きます。

灯籠を置けば灯を灯さずとも一年中灯がついているのと同じ功徳があるといわれ、火が邪気を払うそうです。手水鉢は、つくばいとも呼ばれ本来はお墓参りの前に手を洗い清めるためのものです。しかし最近では装飾品として置かれることがほとんどのようです。

その他、物置台、名刺受け、玉砂利、植木など、全てを揃えるととても豪華になりますが、増やすごとに費用もかさむものなので予算との相談がなにより一番必要ですね。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar