納骨堂

納骨堂

ニーズの高まる納骨堂

近頃は家族の形態が多様化したことでお墓の在り方にも変化が出てきています。都心部でも土地の確保が難しくなってきていることから、墓地の用地不足が深刻化しています。

子孫がお墓参りや手入れに来ることもしずらくなってきたりすることも手伝い、これまでの墓石を置く広い墓地の形式のままでは難しくなってきているようです。そこで利用率が高まっているのが“納骨堂”です。タイプもさまざまで、ロッカー型、棚型、仏壇型、お墓型などがあるようです。

最近はコンピューター制御された納骨堂も登場していて、立体駐車場式にボタンひとつで遺影や骨壷が出てきてお参りするといったシステムもあるそうです。

ロッカー型は、公営・民営の納骨堂によくあるタイプで、通常のロッカーと同じ造りで、個別の収蔵庫が並んでおり骨壷を安置できますが、マンションやアパートの家賃のように、場所によって料金にも差の開きが出てくるようです。

仏壇型は、寺院の納骨堂に見られるタイプで、納骨スペースに仏壇のような飾りをして、本尊、焼香具、燭台、花入れなどが中に用意されています。

お墓型は、通常のお墓を屋内に建てると考えていただくといいかと思います。花を供えたり線香をたむけたり、水をかけたり、普通のお墓のようにお参りができるところもあるようです。しかし、たいていの納骨堂ではまずお墓のようにお線香をあげたりといったことはできず、共同の参拝所でしかできないところが多いようです。

交通も利便性のいい場所に作られていることが多いのでお参りに行くのは楽ですが、収蔵庫への立ち入りは禁止されていたり、管理型なので規制も多いことがあるため、参拝スタイルなどをよく考えて、お墓にするか納骨堂にするかを決定すべきのようです。

さて、納骨堂の選ぶポイントですが、やはりお墓と同じく宗教や宗派を問うか否かを確認しますし、管理や経営状態がしっかりしていて信頼性が持てるかどうかが大きな判断基準ですね。

また、屋内に保管されているわけですから、建物の老朽化や天災時など、いざというときの安全対策がとられているか、改修や修理の必要が発生した場合の費用の負担は別途になるのか、使用料に含まれているのかなどの確認は大切です。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar