神奈川県(他市・町)の葬儀

神奈川県(他市・町)の葬儀

急に葬儀を挙げることになった際にやるべき事

人生で最も大きなイベント、結婚、そして葬式。葬式に関しては突然来る場合というのが非常に多いです。そんな中、実際に親や身内が亡くなった場合に葬儀の準備などはたしてちゃんと行動できるでしょうか?そんないざという時に慌てないために葬儀の流れを説明致します。

まず、医師から死亡が確認された際に一番先にすべきことは、喪主を決め、葬儀社に連絡をすることです。お通夜や葬儀の日程などは葬儀社と相談して決めます。場合によっては葬儀社がお寺を紹介してくれることもあります。

葬儀社と相談する際、お見積りと予算をしっかりと確認しておきましょう。また役場へ届け出が必要ですので、医師から死亡診断書を受け取り、役場へ提出し、死亡届を受け取って記載し、火葬許可証と埋葬許可証を必ず受け取りましょう。これがないと火葬と埋葬ができないので葬儀の日程を考えるとなるべく早い段階で手続きをした方が良いです。

次に遺体の安置場所の確保が重要です。自宅の場合は事前に片付けて、遺体を寝かせる布団を用意しておきましょう。一般には北枕あるいは西枕とも言われております。宗派によって異なりますが、この時僧侶に枕経をあげて頂くことが多いです。

葬儀の日程が決まったら、亡くなった本人の友人、知人などに連絡します。 お通夜や葬儀の準備などは葬儀社がほとんどやってくれます。親族は受付係や接待係などを分担し、式がスムーズに行えるようにしましょう。

火葬の際に火葬許可書が必ず必要になりますので、絶対にこの時までには手続きを済ませておきましょう。火葬後は斎場に再び戻り、還骨法要を行い、精進おとしとなります。

以上が葬儀の大まかな流れです。たいがい葬儀社が段取りを組んでくれるところが多いですが、宗派によっても大きく異なるので、宗派を確認することと、お香典を考慮した葬儀の予算などの見積もりが重要になります。

<ご参考:葬儀斎場>
相模原市の方は、火葬場併設の相模原市営斎場を利用する事が多いです。
横須賀市の方は、火葬場併設の横須賀市中央斎場を利用する事が多いです。
三浦市の方は、各式場から三浦火葬場を利用する事が多いです。
鎌倉市・逗子市・葉山町の方は、火葬場併設の小坪火葬場を利用する事が多いです。
大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の方は、火葬場併設の大和斎場を利用する事が多いです。
愛川町の方は、火葬場併設の愛川聖苑を利用する事が多いです。
厚木市・清川村の方は、各式場から厚木市斎場を利用する事が多いです。
藤沢市の方は、火葬場併設の藤沢聖苑を利用する事が多いです。
秦野市・伊勢原市の方は、各式場から奏野斎場を利用する事が多いです。
茅ヶ崎市・寒川町の方は、火葬場併設の茅ヶ崎市斎場を利用する事が多いです。
平塚市・大磯町の方は、各式場から平塚市聖苑を利用する事が多いです。
中井町・大井町・松田町・山北町・開成町の方は、各式場から小田原市斎場・奏野斎場を利用する事が多いです。
二宮町・南足柄市・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町の方は、各式場から小田原市斎場を利用する事が多いです。
城山町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・愛川聖苑を利用する事が多いです。
藤野町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・八王子市斎場を利用する事が多いです。

■ 神奈川県(他市・町)の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
     


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar